[REQ_ERR: 403] [KTrafficClient] Something is wrong. Enable debug mode to see the reason.英語資格試験の比較まとめ|大学入試や留学に使えるのはどれ?TOEFL/IELTS/英検/TEAP/GTEC/ケンブリッジ英語検定/TOEIC全7種類 | 高校留学マガジン
  • HOME
  • 記事一覧
  • 英語学習
  • 英語資格試験の比較まとめ|大学入試や留学に使えるのはどれ?TOEFL/IELTS/英検/TEAP/GTEC/ケンブリッジ英語検定/TOEIC全7種類

英語資格試験の比較まとめ|大学入試や留学に使えるのはどれ?TOEFL/IELTS/英検/TEAP/GTEC/ケンブリッジ英語検定/TOEIC全7種類

英語能力を検定する試験にはTOEFL(トフル)、IELTS(アイエルツ)、英検などさまざまな種類がありますが、それぞれ取得の目的や用途、活用できる場などは異なります。

「英語力を活かして国内の大学に進学したい!」
「海外の大学に留学・進学したい!」
「将来英語を活かせる仕事に就きたい!」
「海外で就職して移住したい!」

あなたは何のために英語を学んでいますか?
ここではおもな英語資格試験7種類の目的や用途、ターゲット層などを詳しく解説します。高校留学前後の英語学習計画に役立てくださいね!

英語資格試験 全7種類 比較一覧表

日本国内で受験できるおもな英語資格試験7種類を一覧にまとめました。まずはそれぞれの英語試験の目的や実施国、実施団体などを確認しましょう。

英語資格試験 一覧表(横にスクロールできます)

 

名称・読み方目的・用途タイプ有効期限実施国実施頻度受験料実施団体
TOEFL iBT
トフル
◆大学・大学院レベルのアカデミックな場で
必要とされる英語運用能力を測定する試験
◆北米はじめ世界150か国10,000以上の大学
や教育機関で英語力の証明、入学、推薦入学、
卒業などの基準として活用(イギリス除く)
スコア式
0〜120点
試験日から
2年間
約150カ国月2〜5回
年間40回以上
235USドル・問題作成:ETS
・国内事務局:CIEE
IELTS
アイエルツ
◆イギリス・カナダ・オーストラリア・ニュ
ージーランドをはじめ世界140ヵ国、10,000
以上の機関が認定する世界的な英語能力証明
テスト。種類は以下の2つ
[IELTS Academic]
学士・修士学位取得のための海外留学、英国
大学留学のための学生ビザ申請、英語圏の専
門機関(医師・看護師他)での就労など
[IELTS General Training]
英語圏の国での就労、職業訓練、移住、永住権
取得など
スコア式
1.0〜9.0(0.5刻み)
試験日から
2年間
約140カ国ほぼ毎週25,380円ブリティッシュ・カウンセル
IDP Education
ケンブリッジ大学英語検定機構
・国内運営:日本英語検定協会
ケンブリッジ
英語検定
◆日常生活からアカデミック、ビジネスのコ
ミュニケーションに必要な実用的英語能力を
評価する英語検定テスト
◆世界20,000以上の大学・企業 ・行政機関
などが英語力を証明する試験として認定
◆非英語圏のヨーロッパ諸国では日本におけ
る英検のような立ち位置
合否認定式
総合スコア(80〜230)
に応じてCFER認定
PreA1/A1/A2/B1/B2/
C1/C2の7レベル
生涯有効約130カ国受験するレベル・
会場により異なる
受験するレベル・
会場により異なる
1万〜2万5000円程
ケンブリッジ大学英語検定機構
実用英語
機能検定
◆日常生活からアカデミック、ビジネスまで
幅広い英語能力を評価する日本国内最大級の
英語検定テスト
◆おもに日本国内の高校・大学の入学試験や単
位認定、推薦入学、奨学金等の基準として活用
合否認定式
5/4/3/準2/2/準1/1級
の7レベル
生涯有効
*留学目的の
場合は2年間
約50カ国年3回受験するレベルに
より異なる
3000〜9500円
日本英語検定協会
TEAP
ティープ
◆高校3年生を対象に大学教育レベルにふさわ
しい英語力を測る英語能力テスト(高1から受
験可能)
◆TEAPとTEAP CBTの2種
◆TEAPスコアはおもに日本国内の大学入試で
の英語力証明として活用
スコア式
〜400(TEAP)
〜800(TEAP CBT)
2年度の間
*スコア取得
の翌年度・翌
々年度の大学
入試に利用可
年3回15,000円
(4技能)
日本英語検定協会
GTEC
ジーテック
◆コミュニケーションのための英語習熟度を
測定する英語能力テスト
◆学校など団体受験向けのアセスメント型・
検定型と個人受験向けのCBTタイプの3種
◆GTECスコアはおもに日本国内の大学入試で
の英語力証明として活用
スコア式
0〜1400点(CBT)
2年間年3回9,900円
(CBTタイプ)
ベネッセコーポレーション
TOEIC
トーイック
◆職場でのコミュニケーションに必要な英語
スキルを評価する英語能力検定
◆北米はじめ世界160以上の国、14000の組
織で活用(イギリス除く)
◆日本国内の大学入試での英語力証明として
幅広く活用
スコア式
10〜990点
(TOEIC L&R)
公式認定証の
発行は2年以内
(スコア自体
は生涯有効)
160カ国年10回
(TOEIC L&R)
6,490円ETS

どんな人に向いてる? 英語資格試験 ターゲット層イメージ

下の図はそれぞれの英語資格試験で得た英語能力証明(スコアや級など)が、国内または海外のどのような場(大学/職場/生活など)で活用できるかを表したものです。*図内の円の大きさは英語試験の規模を表すものではありません。

英語資格試験 ターゲット層比較

 

❶ 日本国内の大学入試(推薦やAOなど)で活用したい人向き
▶︎英検・TOEICTOEFL・GTEC・IELTS Academic・TEAP・ケンブリッジ英語検定

日本国内の多くの大学の入学審査(推薦入試・AO入試など)でこれらの英語資格試験のスコアが活用されています(下図)。
また一般入試でも、英語資格試験のスコアを入学審査に採用する大学が年々増加しています(2016年度50校→2019年度187校に)。

2019年度入試の推薦・AO における外検の採用率

情報引用元:旺文社教育情報センター「【推薦・AO 編】英語外部検定は今年も利用拡大」

英検・TEAP・GTECは海外の大学の入学審査で使えるところもありますが、学校の選択肢はかなり限られます。大学進学の観点では、この3つはあくまで国内向けの英語資格だと捉えておいたほうがよいでしょう。

*大学や学部によって採用している英語試験は異なるので、自分が目指す大学・学部の受験要項を確認し、入学審査に採用されている英語試験を確認しておきましょう。

❷ 海外の大学・大学院に進学または留学したい人向き
▶︎TOEFL・IELTS Academic・ケンブリッジ英語検定

学士・修士学位を取るための海外進学・留学を目指すなら、TOEFL・IELTS Academic・ケンブリッジ英語検定の3つ。

なかでも北米の大学に進学するならTOEFLがおすすめ。アメリカ、カナダのほぼすべての大学・大学院で入学審査の基準にTOEFLのスコアが採用されています。オーストラリアやニュージーランドでも活用できますが、イギリス留学のビザ申請ではTOEFLは認められていないので要注意。

一方、IELTSとケンブリッジ英語検定はイギリスをはじめヨーロッパ諸国、オーストラリア、ニュージランドなどの入学審査で幅広く活用されています。

*国や大学、学部によって採用している英語試験は異なるので、志望する大学の入学要項で確認しておきましょう。

❸ おもに日本国内で英語を活かせる職業に就きたい人向き
▶︎TOEIC・英検(IELTS・ケンブリッジ英語検定)

日本企業への就職を目指すならTOEICまたは英検。この2つは日本国内での知名度も非常に高く、履歴書に書けば誰もが分かる英語資格です。しかし国際的な認知度は残念ながら高くありません。

日本企業の中でも積極的に海外展開しているグローバル企業への就職や、日系企業に就職して現地駐在員を目指すような場合は、IELTSやケンブリッジのほうが活用度は圧倒的に高いと言えます。

❹ 海外移住したい人・海外で就職(現地採用など)したい人向き
▶︎IELTS General Training・ケンブリッジ英語検定

IELTSはイギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの4政府すべてが移住目的で信頼を寄せる唯一のテストで、移住をはじめ永住権を取得する際もスコアを利用可能です。また英語圏の国で就労する際も、英語力の証明として活用できます。

一方、ケンブリッジ英語検定(B1以上)は、ビジネスの場での英語力証明として世界中の企業で幅広く活用されています(B1:ビジネス英語の基礎をマスターしたことを示す/B2:転職や昇進、キャリアアップに役立つ/C1:グローバルビジネスのシニアレベルの実践的な英語力を証明)。

なおTOEICですが、日本国内での知名度は高いものの世界的認知度はそこまで高くなく、英語圏の外国企業に就職する際も企業によってはTOEICのスコアは評価されないことも。外国企業への就職を狙うならIELTSかケンブリッジ英語検定が無難でしょう。

自分の目的に合わせて受験する英語資格試験を選ぼう

一口に英語資格試験と言っても、それぞれ試験によって目的や用途は異なります。また英語試験によって学習の仕方や使うテキストも変わりますし、受験料だって決して安くはありません。

せっかく頑張って取ったスコアが使いたい場で役に立たない・・・なんてことにならないよう、まずは自分が英語を学習する目的を今一度確認し、あなたの目指す進路や将来に必要な英語試験にチャレンジしてくださいね!

▼英語資格試験 公式サイト▼
ETS(TOEFL)
CIEE(TOEFL日本事務局)
ブリティッシュ・カウンセル
IDP Education
日本英語検定協会
*IELTSは3団体で受験可能
ケンブリッジ大学英語検定機構
日本英語検定協会(英検)
日本英語検定協会(TEAP)
ベネッセコーポレーション
ETS(TOEIC)
IIBC(TOEIC日本事務局)

関連記事もCHECK!