[REQ_ERR: 403] [KTrafficClient] Something is wrong. Enable debug mode to see the reason.高校交換留学に行こう!留学団体おすすめ8|各団体の特徴や応募可能国・選考試験内容をチェック! | 高校留学マガジン

高校交換留学に行こう!留学団体おすすめ8|各団体の特徴や応募可能国・選考試験内容まとめ

高校生の「交換留学」を実施している留学団体は複数ありますが、その中でも留学生派遣実績やサポート体制などの観点で信頼できる高校交換留学団体を厳選してまとめました。

同じ「高校交換留学」であっても、留学団体によって応募できる留学国や選考試験の内容などは異なります。

まずは各団体の特徴を確認し、公式のウェブサイトで詳細をチェック。さらに資料請求や説明会、無料カウンセリングなどを利用して、自分の留学に合った高校交換留学団体を選びましょう!

▼交換留学の基礎知識・手順&スケジュールはこちら▼

高校生の交換留学を実施している留学団体リスト

❶AFS日本協会

AFS(American Field Service)は100年の歴史を持つ世界的ボランティア団体で、その加盟国は約60カ国、交流国は100カ国以上に及びます。

AFSの高校交換留学の魅力は、何と言ってもその多彩な留学国。アメリカやオーストラリアなどの英語圏だけでなく、アジア、ヨーロッパ、中南米など世界中に留学生を派遣しています。

AFS日本協会では高校生の年間留学をはじめ、中高生向けの短期留学や国際交流サマーキャンプなども行なっています。

団体名公益財団法人 AFS日本協会
特徴◆歴史のある国際的なボランティア組織
◆AFS加盟国は約60か国、交流国は100か国以上

◆日本全国77の支部で留学、国際交流活動を推進
◆UNESCOのオフィシャルパートナーに認定
応募できる国アジア・オセアニア
オーストラリア・インド・インドネシア ・タイ・中国・香港・フィリピン・マレーシア
ヨーロッパ
アイスランド・オーストリア・オランダ・スイス・スウェーデン・スペイン・チェコ・デンマーク・ドイツ・ノルウェー・ハンガリー・フィンランド・フランス・ベルギー(オランダ語圏)・ベルギー(フランス語圏)・ポルトガル・ラトビア・ロシア
北米・中南米
アメリカ・アルゼンチン・カナダ(フランス語圏)・コスタリカ・チリ・パナマ・パラグアイ・ブラジル・ボリビア_ホンジュラス・メキシコ
選考試験

筆記試験【英語:70 分】【一般教養:30分】
*英語試験はマーク式(文法と長文読解のみ・リスニングなし)
*一般教養試験は学校で勉強する内容及び時事問題を出題
*アメリカ留学希望者は後日英語試験ELTiSを必ず受験
個人面接【日本語:15分程度】
※選考手数料 22,000円

留学費用アジア・中南米・ロシア120万円、ヨーロッパ(ロシア除く)・カナダ145万円、 アメリカ・オーストラリア170万円 ※1
資料請求こちらから

※1  AFS2020年派遣プログラム案内より。費用には出国手続き、ビザ申請取得、予防接種、海外旅行傷害保険、留学中の小遣い等は含まれない。

 

❷日本国際生活体験協会 EIL

EIL(The Experiment in International Living)は、世界で初めてホームステイプログラムを実施した国際組織。1932年の設立以来、加盟国は24カ国にまで拡大しています。

EILではその豊富な経験をもとに、充実のサポート体制で高校生の交換留学や短期ホームステイを実施しています。

EILの高校交換留学体験者によって発足したOB・OG会(アラムナイ)の活動も盛んで、帰国後も定期的な情報交換やイベントをはじめ、留学生の相談役としても活躍しています。

団体名公益社団法人 日本国際生活体験協会(EIL)
特徴◆80年以上の歴史を持つ国際組織
◆世界で初めてホームステイプログラムを実施
◆留学先は世界35カ国(うち24カ国は国際組織加盟国)
◆高校留学体験者によるOB・OG会の活動も盛ん
応募できる国アジア・オセアニア
オーストラリア・台湾・タイ 
ヨーロッパ
フランス・ドイツ・オランダ・ポルトガル・ベルギー・イタリア・デンマーク・ノルウェー・スウェーデン・フィンランド・アイルランド・スペイン
北米・中南米
アメリカ・カナダ・アルゼンチン・エクアドル・ブラジル・メキシコ
アフリカ
ガーナ・南アフリカ共和国
選考試験1次選考:書類審査
2次選考:英語応用力テスト・面接
*英語テストはELTiS
*面接は保護者同伴
※選考受験料 15,000円
留学費用アメリカ155万円〜、カナダ197万円〜、 オーストラリア165万円〜、フランス・ドイツ135万円〜、台湾140万円、タイ98万円〜 ※1
資料請求こちらから 

※1 EILホームページより抜粋。費用には出国手続き、ビザ申請取得、予防接種、海外旅行傷害保険、留学中の小遣い等は含まれない。

 

❸YFU 日本国際交流財団

YFU(Youth For Understanding)は、1951年にアメリカで発足した非営利の国際交流団体で、日本では1958年に日本の高校生をアメリカに派遣したのが始まりです。

今では世界60カ国にYFU組織を持ち、世界各国で青少年の国際交流プログラムが実施されています。

YFUで派遣される高校交換留学先はフランス、ドイツ、チェコなど英語圏以外の国も多数。どこの国でもYFUスタッフと地区委員の連携で留学生をサポートする体制が整えられています。

団体名公益財団法人 YFU日本国際交流財団
特徴◆世界60カ国で展開する国際交流組織
◆留学先は英語圏以外の国も多数
◆文科省、米国政府などの支援による公的プログラムも数多く実施
応募できる国アジア
韓国・フィリピン・タイ 
ヨーロッパ
フランス・ドイツ・スイス・オランダ・ベルギー・デンマーク・フィンランド・チェコ・ハンガリー・オーストリア・エストニア
北米・中南米
アメリカ・カナダ
選考試験書類審査
学科テスト
【英語および常識テスト】
*英語テストはELTiS
面接

*本人との面接(英会話)、保護者を交えての面接(日本語)を実施
※選考受験料 20,000円
留学費用アメリカ160万円、アメリカ以外148万円 ※1
資料請求こちらから 

※1 YFUホームページより抜粋。費用には出国手続き、ビザ申請取得、予防接種、海外旅行傷害保険、教科書代・実習費、留学中の小遣い等は含まれない。

 

❹日本国際交流振興会 JFIE

JFIE(Japan Foundation for Intercultural Exchange)は、将来を担うグローバルな人材育成を目的に1992年に設立された高校留学団体です。

JFIEでは高校留学(交換留学・私費留学)の留学プログラムの企画・運営を行ない、旅行手配や留学生のサポートは株式会社アイエスエイ(ISA:留学やホームステイなど国際教育に特化した教育旅行の専門旅行会社)が担当、現地での留学生サポートはJFIE・ISAが提携している現地の受入団体が請け負う形を取っています。

団体名特定非営利活動法人 日本国際交流振興会 (JFIE)
特徴◆設立以来、累計7,800名以上の高校生を海外派遣(2018年時点)
◆留学先は人気の英語圏5カ国
◆旅行手配・サポートは株式会社アイエスエイ(ISA)に委託

◆高校生留学・交流団体では日本初のNPO認証
応募できる国アメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランド
選考試験1次選考:書類審査
2次選考:英語力診断テスト・面接
*英語テストはELTiS
*面接は本人(日本語と英語)および保護者(日本語)。
*交換留学プログラムによっては三次選考(受け入れ団体担当者による面接)がある。
※選考料 19,400円(要確認)
留学費用アメリカ170万円〜、カナダ217万円〜、イギリス170万円〜、オーストラリア169万円〜、ニュージーランド172万円〜 ※1
資料請求こちらから ※2

※1 JFIEホームページより抜粋。費用には出国手続き、ビザ申請取得、予防接種、海外旅行傷害保険、留学中の小遣い等は含まれない。
※2 JFIEが高校留学の旅行業務を委託する株式会社アイエスエイの資料請求画面に移動します。

❺文際交流協会 BIEE

BIEE(Bunsai Intercultural Educational Exchange)は、高校生の交換留学プログラムを専門にした高校交換留学団体です。日本の高校生の海外派遣と外国の留学生の受け入れを行なっています。

BIEEの特徴は、少人数制で徹底したサポート体制。留学参加者一人一人の個性に合わせた指導や、留学検討者には実際に留学を体験した人やその保護者を紹介してくれるなど、少人数制ならではのアットホームなサポートが魅力です。

団体名特定非営利活動法人 文際交流協会(BIEE)
特徴◆高校生の交換留学の専門団体
◆少人数制でアットホームなサポート体制
◆参加者一人一人の個性に合わせた留学指導
◆面接を重視した選考試験
応募できる国アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド・オランダ
選考試験英語筆記試験・面接
*英語テストはELTiS
※選考料 16,000円
留学費用アメリカ150万円(研修有りは184万円)、オーストラリア・ニュージーランド170万円、オランダ148万円 ※1
資料請求こちらから

※1 BIEEホームページより抜粋。費用には出国手続き、ビザ申請取得、予防接種、海外旅行傷害保険、留学中の小遣い等は含まれない。

 

❻WYS教育交流日本協会

WYS(World Youth Service Society Japan)は、教育をテーマに国際間の人物交流推進を目的に設立され、現在では世界21カ国の教育交流団体が連携し、高校生や教員の交流を行なっています。

WYS日本協会では、アメリカやオセアニア、ヨーロッパなど世界11カ国に日本の高校生を派遣、20カ国から外国人留学生を受け入れる「WYS交換留学制度」を実施しています。また高校生の私費留学や私立高校留学なども扱っています。

団体名一般社団法人 WYS教育交流日本協会
特徴◆高校生の留学(交換留学・私費留学など)が専門
◆北米、ヨーロッパを中心に11カ国へ留学生派遣
◆世界21カ国で高校生や教員の国際交流活動
応募できる国北米 
アメリカ
オセアニア
ニュージーランド
ヨーロッパ
ドイツ・ベルギー・イタリア・フランス・ノルウェー・スウェーデン・フィンランド・デンマーク
選考試験①英語能力判定テスト
*英語テストはELTiS

②一般教養テスト
③適性診断テスト
④書類審査
⑤保護者同伴による面接
*面接は日本語および英語/保護者は日本語のみ
※選考料は要確認
留学費用アメリカ169万円、ニュージーランド170万円〜、ドイツ・フランス・ノルウェー・スウェーデン・フィンランド・デンマーク145万円、ベルギー142万円〜、イタリア142万円 ※1
資料請求こちらから

※1 WYSホームページより抜粋。費用には出国手続き、ビザ申請取得、予防接種、海外旅行傷害保険、留学中の小遣い等は含まれない。

 

❼AISE国際交流センター

AISE国際交流センターは、1990年に設立された中学高校専門の留学団体です。高校生のアメリカ交換留学をはじめ、中学・高校生の私費留学も取り扱っています。

AISEで扱う高校交換留学先は、アメリカの学校のみ。高校交換留学では基本的に留学する国以外の細かな指定はできませんが、AISEの現地受入機関の1つであるICESでは、オプションで留学先の地域や州、都市圏をリクエストすることが可能になっています。

団体名AISE国際交流センター
特徴◆中学・高校生専門の留学団体
◆交換留学の留学先はアメリカのみ
◆オプションで地域や州・都市圏をリクエスト可能
応募できる国アメリカ
※アメリカ全米各州の公立高校(ハワイ・アラスカ州を含む)
選考試験①英語能力試験
*英語試験はELTiS
合格基準はForm1:50問中正解数40問、Form2:50問中正解数34問
*英語能力模擬試験で合格基準を満たした方は、本審査の英語能力試験は免除
②適性検査
③作文(課題:私が留学から得たいもの)
④本人面接および保護者面談
⑤中学1年から現学年までの成績
※選考料 無料
留学費用プログラム費用:161万円
留学準備研修プログラム費用(4週間)27万円 ※1
資料請求こちらから

※1 AISE国際交流センターホームページより抜粋。費用には出国手続き、ビザ申請取得、予防接種、海外旅行傷害保険、留学中の小遣い等は含まれない。

 

❽アユサインターナショナル

アユサインターナショナルは、1980年に高校生の国際的な異文化交流を推進する教育団体としてアメリカで設立された米国非営利教育法人。設立以来、世界70カ国からのべ4万5000人以上の高校生をアメリカに派遣しています。

アメリカ高校交換留学を専門に運営していることもあり、留学前の事前学習のフォロー体制も充実。留学先での授業や宿題がスムーズにこなせるよう、英語でアメリカの歴史や数学を学ぶ場を無料で提供しています。

団体名アユサインターナショナル
特徴◆アメリカ高校交換留学の専門団体
◆J1ビザ(交流訪問者ビザ)のスポンサー
◆留学前にアメリカの歴史や数学の無料学習
応募できる国アメリカ
選考試験①英語能力試験
*英語試験はELTiS

②保護者同伴の面接
留学費用プログラム費用:123万円
*往復航空券、手配にかかる費用は別(AYUSAで手配・購入すると46万5000円/2018年実績)
資料請求こちらから

 

交換留学は留学団体との相性が重要!

高校交換留学団体の中には、豊富な留学国や派遣人数の多さなど規模の大きさが魅力の団体もあれば、少人数制で参加者一人一人への手厚いフォローが魅力の団体もあります。

交換留学団体を選ぶ際は、ウェブサイトなどで団体の特徴を確認するのはもちろん、必ず自分自身で説明会やカウンセリングに足を運び、カウンセラーと直接話をして、相性を確認することが大切です。

じっくり検討して、後悔のない高校交換留学を実現してくださいね!

▼こちらもCHECK▼

 

関連記事もCHECK!